ホーム > ジェネリックについて >

ジェネリック医薬品への想い

ジェネリック医薬品への想い ジェネリック医薬品に対する共和薬品工業の想いをお伝えします

これからのより良い医療のために

医療費の抑制や、患者さんの負担軽減という問題が世界的規模で重要なテーマとなっている今日、その切り札としてジェネリック医薬品の普及が進んでいます。医療機関や調剤薬局などでも「ジェネリック医薬品」の名を耳にする機会が増え、一般の皆さんにもだんだんと身近な存在となってきたのではないでしょうか。

共和薬品工業は先発医薬品と同等の品質、安全性、効き目を持つだけでなく、患者さんや医療のニーズに合わせて「ひと工夫」できるジェネリック医薬品こそが今後の医療をさらに良くするものと信じています。
世界の医薬品市場に展開するルピングループの一員として、グローバルな事業基盤を有することの強みを活かしながら、心の通った調査、研究開発から、先進技術による製造、販売、品質保証に至るまで、人の健康づくりを目指す一貫体制のもと、さらなる医療の発展に貢献して参ります。