ホーム > 共和薬品のこだわり >

品質管理・製造管理

品質管理・製造管理 医薬品の品質管理、製造工程における共和薬品工業のこだわりをご紹介します

品質管理を徹底し、安心のジェネリック医薬品を提供

三田工場( 兵庫県三田市) では、厳重な入室管理と空調管理を徹底し、クリーンな環境下において、先進の製造設備・試験検査設備を駆使し、確かな品質のジェネリック医薬品を製造しています。
※GMP 適合工場である当工場では、厳格な製造管理・品質管理の下、「信頼」され「安心」して使用していただけるジェネリック医薬品を送り出しています。

※GMP(Good Manufacturing Practice)…医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準

品質管理

確かな品質を徹底管理
三田工場では医薬品の確かな品質を保つため、製造部門とは独立した品質管理部門により、厳格な品質管理が行われています。原材料の受入から中間バルク製品、出荷前の最終製品等、各工程のおける様々な確認・検査を行うことにより、製造工程で造られたジェネリック医薬品の品質を管理しています 。

溶出試験
決められた時間内に内服固形製剤( 錠剤・カプセル剤等) から有効成分が溶け出す量を測定する検査です。

定量試験
有効成分が決められた分量たけ製剤中に入っているかを測定する検査です。

製造管理

安定供給を支えるのは厳格な製造支援システム
空調は清浄度を厳密に管理。また機器の洗浄を徹底し、汚染や異物混入の防止に最大限の注意を払ったクリーンな環境で製造を行っています。最先端の製造設備と高度な試験検査機器を駆使した製造ラインで、高品質のジェネリック医薬品を安定供給できる体制を確立しています。
品質管理を徹底する三田工場での製造工程をご紹介します。製造指図原料受入・秤量造粒・混合打錠・皮膜錠剤印刷・選別充填・包装出荷