ホーム >

ルピングループ

ルピングループについて 共和薬品は世界のジェネリック医薬品市場でグローバルに展開するルピングループの一員です。

共和薬品工業はルピングループの一員です。

グローバルなジェネリック医薬品グループの一員として
共和薬品工業は、拡大するジェネリック医薬品市場において、研究開発力、製造力を高めるため、グローバルスタンダードに基づきジェネリック医薬品を世界市場に展開しているインドのジェネリック医薬品メーカー・ルピン社と資本提携致しました。
ルピングループの一員となった今、国際基準の大規模な研究開発力、製造力を強みとするばかりでなく、グループが掲げる普遍的な価値観を共有することで、グローバルな視野を持つ企業として日本のジェネリック医薬品のこれからをリードして参ります。

LUPIN

Lupin's Values ルピングループの価値観 ・Integrity(誠実さ)・Passion fot Excellence(卓越性)・Teamwork(チームワーク)・Entrepreneurial Spirit(起業家精神)・Respect and Care(人の敬意)・Customer Focus(顧客志向))

ルピン社の研究開発力・コスト競争力

研究注力型 ルピン社とのコラボレーション

インドは医薬品の製造において世界でも最も競争力のある国。ルピン社は、世界第7位のジェネリック医薬品メーカーです。アメリカ、EU、オーストラリアなど世界約100ヶ国以上の国で販売し高い信頼を得ています。特に、抗結核薬およびセファロスポリン等で世界市場をリードし、CVS(心血管系)、CNS(中枢神経系)等の領域において存在感を強めています。


1,700人を超える研究員(2016年現在)を有する研究開発力はルピン社最大の強み。共和薬品工業とルピン社とのコラボレーションにより、新製品の開発品目の増大、「ひと工夫」が加えられたジェネリック医薬品の開発力の強化等が可能となります。
またルピン社は、世界市場を対象とした原薬から医薬品まで自社一貫製造を行う製造施設(FDA認定工場)を複数有し、コスト競争力においても定評があります。日本の品質管理基準に合致した原薬・医薬品の供給が可能です。

ルピン社の概要

創 業 1968年
本 社 ムンバイ(インド)
代表者 会長:デシュ・バンドゥ・グプタ
CEO:ヴィニータ・グプタ
売上高 137,016百万ルピー (2015 / 2016)
※1ルピー=約1.58円 2016年7月現在
従業員数 全世界で16,000人以上
事業所 事業所所在地【工場】

アンクレシュワル(原薬・中間体工場)
タラプール(原薬・中間体工場)
マンディディープ(原薬・中間体・製剤工場)
ジャム(製剤工場)
インドール(製剤工場、原薬・中間体工場)
アウランガバド(製剤工場)
ゴア(製剤工場)
ナグプール(製剤工場)
ヴァドーダラー(原薬・中間体工場)
【研究所】
プネー
【海外子会社】

米国、英国、ドイツ、日本、オーストラリア、
南アフリカ、フィリピン 他

売上高の推移(1ルピー=約1.58円 2016年7月現在)

収益構成(2016年現在)