ニュース NEWS

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 共和薬品は、鳥取市における健康増進プログラム「健やか安らかライフチャレンジ」の実証検証をGarmin、エーテンラボ、グッドクリエイトとコラボレーションで実施し、健康行動を大きく改善。 今後もデジタルヘルスによる健康増進の社会実装を進めてまいります。

プレスリリース

共和薬品は、鳥取市における健康増進プログラム「健やか安らかライフチャレンジ」の実証検証をGarmin、エーテンラボ、グッドクリエイトとコラボレーションで実施し、健康行動を大きく改善。 今後もデジタルヘルスによる健康増進の社会実装を進めてまいります。

共和薬品工業株式会社(本社:大阪府、代表取締役社長:角田礼昭、以下共和薬品)は鳥取市のご協力の下、地域貢献の取り組みとして、デジタルヘルス技術を活用した健康増進プログラムの段階的な展開を開始しております。

このプロジェクトは、市民の健康増進と地域の活性化を目指すものです。鳥取市職員様有志を対象とした先行プログラム「健やか安らかライフチャレンジ」をGarmin、エーテンラボ、グッドクリエイトとコラボレーションで実施いたしました。

その結果、1ヵ月間の平均歩行数が2倍以上に増加(平均4000歩以上の増加)すると同時に、食事・睡眠・運動などの生活習慣の向上も示されました。

今後、地域貢献として、鳥取市内でご協力いただける地域と、ご協力いただける市民の皆様とともに、鳥取市におけるデジタルヘルスによる健康増進の社会実装を進めてまいりたいと考えております。(詳細は今後調整予定)。
さらには、同デジタルヘルスケアプログラムのスキームを活用し、他の自治体様や企業様に対しての支援事業を展開する事も視野に入れてまいります。

PDFはこちら

list
next