事業案内 Our Business

  1. ホーム
  2. 事業案内
  3. 研究開発

研究開発

共和薬品の研究開発は「製剤研究・分析部門」、「製剤技術部門」、「開発部門」の
3部門で構成されます。「製剤研究・分析部門」および「製剤技術部門」は、兵庫県三田市にある共和リサーチセンターにて製品の品質を第一に考え、新製品の開発(処方検討・製法検討)、分析技術の確立、また既発売品の製剤改良を行っています。

研究開発過程を統括し、分析部門や製剤技術部門を全面的にサポートする「開発部門」は本社(大阪市)にあり、プロジェクトマネジメント、知財評価・出願、臨床での生物学的同等性評価並びに薬事申請および承認取得業務を行っております。

ジェネリック医薬品の製剤開発では化合物の特性を徹底的に調査した上で、患者さんや医療従事者の目線に立って、製品コンセプトを策定します。
その後の製剤の処方設計(主薬と添加剤の配合、製剤の安定性、使用製造機械の検討など)、並びに製造方法の確立においては、試作と評価を繰り返します。そのプロセスの中、候補製剤および臨床試験用の製剤について、それぞれの製造前にはマイルストーンアセスメント(中間目標地点の調査・評価)として詳細なデータのレビューを行った上で、次へのステージアップの妥当性を徹底的に評価します。この様なプロセスは、医療従事者の皆さん、また患者さんに安心して使用いただける高い設計品質、市販後の安定的な製造の観点から重要となります。

研究開発

また、研究開発では「CNSトータルソリューションカンパニー」という当社の経営ビジョンの下、新薬・医療機器およびデジタルトランスフォーメーションといった取り組みにも臨床試験の設計や知財・薬事評価を実施しています。